育毛剤にも使用される成分

da101041s

頭髪が薄くなる症状に悩みを抱えている男性はたくさんいますが、若い頃はふさふさしていた髪の毛が中年になるに伴って次第に少なくなり、最終的に頭頂や側頭部から急に薄くなり始めて最終的には寂しい頭髪の状態になります。

女性も薄毛になることはありますが、顕著に現れるのはどちらかという男性の方で女性については薄くなっても男性ほど髪の毛が無くなることはありません。

これは髪の毛が薄くなってしまう原因の一つに男性ホルモンの影響が関係しており、男性ホルモンの分泌が加齢に伴って非正常になることによって起こりますが、女性については男性ホルモンの働きよりも女性ホルモンの働きが強いため顕著な薄毛になりにくいというものです。

勿論、女性についても男性ホルモンは分泌されているので男性特有の薄毛パターンを示すことがありますが、このような薄毛の症状に対して納豆に含有されているナットウキナーゼは高い効果を発揮するため、育毛剤の成分として使用されることもあります。

ナットウキナーゼは血液の流れを改善する効果があるというのは広く知られていることですが、血液の流れが改善することによって期待できるのは頭髪に対して効率よく血液を流すことができるようになるというもので、これによって頭髪が必要な栄養分を受け取ることができます。

薄毛になるのは男性ホルモンだけでなく血液がドロドロになって場合に起こるケースもありますが、そのような際にナットウキナーゼが高い効果を発揮します。